【学び】米粉マイスター講座

日本は昔から米の文化で育ってきた。しかし、今は小麦粉を大量に消費している。それも、海外から86%の輸入率だ。

米粉には様々な種類がある。小麦粉アレルギーの子どもたちにとって米粉パン、とろみづけなどに使う。


非常食では「カンパン」があるが、アレルギーの子どもたちにとって、「米粉のクッキー」がある6年間ほど保存ができる。食べ比べをしたが、米粉クッキーのほうが食べやすかった。

米屋の孫だった私としては、「米粉」をどんどん広めたいと思う。みなさん、料理や、おやつ作りを一緒にしましょう。

子育て広場「ひだまり」

自然素材のこだわりの木のおうち。 みんなが集うことのできる空間。 赤ちゃんからお年寄りまでほっこりできるおうち。 それが「ひだまり」。

0コメント

  • 1000 / 1000